症状の原因と解決策|皮膚の異常を早めに察知して初期段階で脂漏性角化症の進行を防ぐ

皮膚の異常を早めに察知して初期段階で脂漏性角化症の進行を防ぐ

症状の原因と解決策

ドクター

睡眠時に無呼吸になってしまう人のことを睡眠時無呼吸症候群と言います。睡眠時無呼吸症候群を引き起こしてしまう原因としては、空気が通る気道が物理的に狭くなってしまう閉塞性無呼吸タイプと、呼吸中枢の以上で睡眠時無呼吸症候群を引き起こしてしまう中枢性睡眠時無呼吸タイプがあります。1つ目の閉塞性無呼吸タイプは首や喉周りに脂肪が多くついてしまうことで、気道スペースが狭くなるのが起こってしまう要因です。そして2つ目の中枢性睡眠時無呼吸タイプは、睡眠時無呼吸症候群の中でも非常に珍しいタイプです。このタイプの場合、気道は開いたままですが呼吸司令が脳から伝達されないことで呼吸が出来ないのが特徴になります。

睡眠時無呼吸症候群は自分ではなかなか気づくことが出来ない病気の1つですが、その可能性に気づいた場合は早い段階で、専門の医師の治療を受けましょう。睡眠時無呼吸症候群は放置しておくと睡眠時に呼吸が止まってしまったまま、命を落としてしまう可能性も十分に考えられます。まずは専門のクリニックを受診して医師に相談をしてみましょう。自身の状態と治療の意味を知ることで、今後の治療に対する積極度が変わります。睡眠時無呼吸症候群の治療方法には症状を緩和させる対症療法や、原因を根本的に取り除く根治治療があります。医師と相談しながら最適な治療方法を選択していくことが、睡眠時無呼吸症候群を効率良く改善していくための近道になります。自分が無理せず治療に臨めるかどうかも重要なのでしっかりと考えていきましょう。